トップ

仕事から逃げるのも有効な手段

仕事を辞めたい人の転職相談所

サイトマップ お問い合わせ

運営情報

仕事を辞めたい人の転職相談所00

仕事を辞めたい人の転職相談所01

仕事を辞めたい人の転職相談所02

仕事から逃げるのも有効な手段

どうしても我慢できない仕事なら逃げ出そう

社会人にとって「仕事や会社を辞める」という選択肢は、最終手段です。会社や上司・先輩からあれこれ言われたとしても、自分の人生は自分で選択し生きていかなければなりません。ブラック企業などへ誤って入社してしまい、我慢して働き続けて精神的に追い詰められ体を壊してしまえば、それこそ人生台無しになってしまいます。

いつ仕事を辞めるのか、それとも現在の仕事で働き続けるのかは「本人次第」です。一般的に在籍した会社へは最低でも三年は働き続けた方が良いとも言われています。なぜなら一つの仕事の流れを完璧にするためには、3年程度の年月が必要だからです。

また、三年間働き続けられれば世間的にもキャリアが付いていると認識され同業種に転職しやすくなるメリットもあります。

しかし、誤ってブラック会社やストレスの強い仕事、精神的に辛い仕事、人間関係が嫌な仕事や辛い仕事などへ勤めてしまった時、あなたは三年間も耐えることができますか?

仕事は、修行僧のように日々修行したり、耐え忍んだり、辛い思いをしながら続けるものではありません。仕事は、やりがいを持って働いたり、自己を向上させるために働いたり、人生の目的や目標のために働いたりするものです。

よって、入社目的にそぐわない会社へ入社してしまった場合は、自分の時間を大切にするため、そして自分自身を守るためにも、3年以内という区切りを考えずに仕事を逃げ出すことも選択肢のひとつとして考え行動されることをおすすめします!!

※ブラック企業や精神的に辛い仕事などに我慢して働き続けていると、うつ病や過労自殺、過労死などに陥ってしまいかねません!そうなると人生にとって大きな遠回りとなってしまいますので、十分に注意しましょう。

仕事から逃げるのも有効な手段

あるブラック企業の女性新人の実例

その女性は、新入社員で入社しましたが、出勤初日に職場の人から「うちの会社はブラック企業だよ」と言われました。当人も会社に入った途端に異様な空気を感じ取り、ブラック企業っぽいなと感じたそうです。

彼女は、専門職の国家資格も保有しているため、「早めに見切りをつけて転職するか」、「我慢して今の職場に残って働き続けるか」、悩んでいましたが、在職中に新しい仕事を探して3ヶ月で仕事を辞めていきました。

その会社の新人の中には、募集要項と実際の仕事内容に大きな差を感じ取り、仕事を一週間で辞めた新人も存在しています。数日で辞めた新人の意見で多かったのが、「募集要項と実際の現場での労働条件が違いすぎる」、「研修の内容がいい加減で、資料を渡しただけであとは一人で勉強しろと言われた!」などと、新人の我慢が足りないだけでは済まされないようなブラック企業だったそうです。

世の中にはすぐに仕事を辞めたほうがよい仕事が存在する

世の中には、とりあえず会社に入社させてみて、後はほとんど社員教育らしいことをせずに実力のある社員だけをふるいにかけるブラック企業や違法行為すれすれの行為を社員に強要する会社も数多く存在しています。

もちろん、働き側の人がいい加減だったりする場合もあるので、ケースバイケースです。しかし、入社した会社に辞めるに足る十分な理由があれば早めに見切りをつけて逃げ出すことも大切です。

本当にやりたい仕事なら歯を食いしばって働き続けるのも一つの選択肢ですが、「会社にいても時間の無駄」「会社にいても得るものがない」「仕事が辛すぎる!」「サービス残業が多すぎる!」「モンスター上司やパワハラ上司からの仕打ちが耐えられない!」という会社であればこちらから退職届を突き付けてやりましょう!

そのような会社は、在籍している社員の頑張りによって支えられていますが、その頑張りに対しての成果(給料)で支払われるケースは非常に少なく、会社の定着率も非常に低いのが実情です。

また、その会社で働いている社員も、ブラック企業のブラックな色に染まってしまい、新入社員にも同じように強要してしまうという悪循環に陥っているため、新入社員や転職者は理想と現実のギャップに戸惑うケースも少なくありません。

そのためブラック企業や辛く厳しい環境などで働かれている方は、悪循環に陥らないためにも、早期に仕事を逃げ出すということも選択肢のひとつとして考えていきましょう!