トップ

仕事に行きたくない理由ランキング

仕事を辞めたい人の転職相談所

サイトマップ お問い合わせ

運営情報

仕事を辞めたい人の転職相談所00

仕事を辞めたい人の転職相談所01

仕事を辞めたい人の転職相談所02

仕事に行きたくない理由ランキング

仕事に行きたくない理由 第1位は人間関係

職場内や仕事内容、人間関係などで悩んでしまい仕事に行きたくなくなる方が増えつつあります。仕事が行きたくなくなっているにも関わらず、我慢し続けて働き続けてしまいストレスを溜めてしまうと、精神的に辛くなってしまい吐き気をもよおしたり、鬱病になり肉体的にも身体的にも追いつめられたり、過労死や過労自殺に繋がってしまいかねません。

仕事に行きたくない理由を知ることによって、気分的に楽になることもできますし、気持ちの持ちようである程度はストレスを軽減することができます。

仕事に行きたくない理由ランキングを参考に、仕事に行きたくないという仕事上のストレスの理由をしっかりと把握していきましょう。

仕事に行きたくない理由ランキング

仕事に行きたくない理由ランキング

仕事に行きたくない理由
第1位 人間関係が辛い

・会社に行くと仕事のできない、しない上司や先輩がいるため自分ばかりが働かなければならない。

・職場内の人間関係が悪いため、同僚や上司が何の仕事をしているか分からない。

・パワハラ上司やモンスター上司にロックオンされてしまい精神的に非常に辛い。

・職場内の同僚や後輩がいうことを上司の顔色ばかり伺っているため、ムカつく。

・世渡り上手なだけで出世する同期が上司となり職場内での居心地が悪い。

仕事に行きたくなくなる理由ランキングの中で、断トツの1位が人間関係によるものです。

最近は成果主義という名目で短期的な結果を常に求められ、隣の同僚や後輩が何をしているかかわらない職場も増えてきています。このような職場では本来支え合わなければならない場面でも、互いに支え合うことができず人間関係の苛立ちに繋がることも数多く存在しています。ひとりひとりの関係者と本音で向き合える環境づくりに努めていきましょう。

パワハラ上司や腹のたつ人間に対しては、相手がすぐに転勤することや性格が変わることはまずないため、こちらが大人な対応をするのが一番間違いありません。精神的にゆとりをもって、大人の対応を心がけましょう。そうすれば相手に何を言われても比較的気にならなくなるため、精神的にも楽になります。

一日の大半を事務仕事などで同じ事務所で上司や同僚、部下などと過ごす方は家族以上に長時間同じ空間の中で一緒にいることになります。パワハラをしてくる上司、空気の読めない同僚、ミスが絶えない部下、口うるさい女性社員など職場内では、必ず一人は嫌な人間が存在します。

どうしても我慢できない場合は、会社を辞めるのも一つの選択肢です。会社を辞めることは、逃げているわけではありません。より良い職場で働くための必要なことなので、後ろめたい気持ちになる必要は一切ありません。

自分の人生は自分だけのものなので、他人の目を気にせず自分の選択で進むことが大切です。

仕事に行きたくない理由
第2位 仕事上のミス

仕事上のミスが既に解決しているのなら、気にするだけ時間の無駄です。まだミスした原因が解決していない場合は、周囲に助けを求めて誠実にミスのないように対応するしかありません。

次回同じことを繰り返さないための反省は必要ですが、失敗してしまったことを必要以上に後悔し、ネガティブな気持ちになっても意味がありません。

仕事に行きたくない理由
第3位 毎日同じ仕事の繰り返しでつまらない

仕事でのルーチンワークを最適化にし、無駄をなくすようにすれば空いた時間を有効的に使うことができます。

仕事の業務上どうしようもない場合は、業務自体が肉体的にも精神的にも楽であり、かつ給料も比較的高くゆとりを持って働くことができる仕事であれば、我慢して続けていきましょう。しかし、仕事内容が辛く厳しい場合やストレスが非常にたまる仕事であれば、生活の為だと割り切るか転職・再就職するしかありません。

仕事に行きたくない理由
第4位 拘束時間が長い、又は残業時間が多すぎる

仕事によっては夜勤勤務や24時間勤務の仕事、残業が多い仕事があります。この場合は、日勤帯の時間のみに勤務へ変更できるのであれば上司に相談してみるのも一つの方法です。

また、サービス残業が多すぎる職場や休日出勤が多すぎる職場はブラック企業である可能性が非常に高いため、仕事に行きたくなくなる気持ちから仕事を辞めたい気持ちへ変化する可能性が高いため注意しましょう!!

仕事に行きたくない理由
第5位 仕事を頑張っても評価されない

他人である上司が評価しているので、自分がどれだけ丁寧に仕事をして頑張っても評価されない場合も十分にあり得ます。目に見える成果を出せば、あなたへの評価は上がりますが、目に見えるほどの成果を出すのは簡単ではないでしょう。

一つ一つの業務を確実にこなし、努力し、継続することが評価される最大の近道です。万が一、パワハラ上司やモンスター上司と運悪く遭遇してしまいストレスが溜まっているのであれば転職・再就職も選択肢のひとつとして考えてみてはいかがでしょうか。

その他にも、仕事に行きたくないと思える、感じる理由はたくさんあります。例えば、家から会社までが遠く通勤が辛いことや出勤時間が早すぎて起きられないこと、上司があまりにも口うるさすぎること、会社の社風が全く合わないこと、ノルマや仕事の締め切りが厳しすぎること、仕事が激務過ぎること、仕事量の割に給料が少ないこと、誤ってブラック企業に入社してしまったことなどが仕事に行きたくない理由としてあげられています。

仕事に行きたくない理由ランキング まとめ

仕事に行きたくないと考えること、感じることは誰もが一度は感じる当たり前のことです。むしろ楽しく仕事をしている人間の方が、圧倒的に少ないのです。生活のためや家族のために仕事をしているのが実情でしょう。

目標としている会社へ就職できた場合でも、必ず嫌なことやめんどくさいこと、辛いことをやらなければなりません。

仕事は、労働に見合った対価としてお金が給料として支払われます。その対価に納得できるかで、仕事に対するやりがいや接し方、モチベーションが変わってきます。言い方を変えると、あなたの時間を売ってもよい会社で働けているのなら自然と会社に対して満足できるはずです。

もちろん人間関係の不一致により、仕事に行きたくないという気持ちになることもあるでしょう。しかし、対価が十分に納得できる金額であれば不平不満は小さくなるはずです。

また、人生で一番大切なものは有限である時間です。そのかけがえのない時間を見返りでもある対価も低く、自分にとってプラスにならない会社に尽くしてももったいないだけです。

よって、現在働かれている会社がキャリアップや給料の昇給もなく、正当に評価されない会社の場合、仕事に行きたくないという理由が改善される見込みがないと判断されるのならば転職も視野に行動していきましょう。