トップ

仕事を辞めたいと考えている女性は多い

仕事を辞めたい人の転職相談所

サイトマップ お問い合わせ

運営情報

仕事を辞めたい人の転職相談所00

仕事を辞めたい人の転職相談所01

仕事を辞めたい人の転職相談所02

仕事を辞めたいと考えている女性は多い

女性が働きやすく活躍しやすい仕事で働こう

20~30代の女性で仕事を辞めたいと考えている方へ、仕事を辞めたい理由を調査してみると、「人間関係」、「仕事内容」、「待遇が悪い」、「会社の経営状態が悪い」「結婚する」「育児をしなければならない」などの理由や事情で仕事を辞めたいと考えられています。

女性の場合、一つの会社で定年まで働いている方の割合が、10人に1人と男性に比べて仕事を辞める可能性が高く、上記のような仕事を辞めたい理由や事情により、多くの方が仕事を辞めています。

仕事を辞めるということは、女性にとって働きにくく、活躍しにくい仕事であったという可能性が高いということの証でもあります。

世の中には、女性にとって働きやすく活躍しやすいホワイト企業がたくさんあります。そのような会社へ入社することができれば、ひとりひとりの社員を大切にしてくれますし、安心して子ども産むことができます。また、育児と両立しながら、末永くキャリアアップを目指すこともできます。

現在、もし何らかの理由や事情で仕事を辞めたいと考えている女性は、「育児休暇や産休、時短勤務の取りやすく、働き続けやすい仕事」に転職を考えてみてはいかがでしょうか。

人間関係や上司や先輩などからのパワハラやセクハラが原因で体を壊したり、精神的に潰れてしまっては元も子もありません。

当サイトおすすめの転職サイトや転職エージェントを活用すれば、家庭も仕事も両立することができるホワイト企業がたくさんあります。

将来を安定させるため、そして家族のためにも仕事を辞めたいと悩み続けるぐらいなら転職を視野に行動を起こしていきましょう!

仕事を辞めたいと考えている女性は多い

女性にとってのホワイト企業の一例

・夫が転勤になっても一緒に暮らせるように、妻の勤務地を配慮してくれる会社。

・社員の働きやすさを第一に考えているため、残業を原則禁止にしている会社

・女性はもちろん、男性にも育児休暇や時短勤務をとるように推奨している会社

・若い女性でも課長や部長などになれる可能性のある会社

このような女性にとって本当に働きやすい会社が、増えつつあります。女性は人生において結婚や妊娠、出産といったライフイベントが男性と比べて多いです。そのため妊娠や出産といったライフイベントに応じて、プライベートとの時間配分を柔軟に調整して働くことができるこのような会社に転職することが重要なのです。

人生の設計パターンが多い女性だからこそ、これからの長い人生を賢く生きていくためにも、仕事を辞めたいと考える会社から脱出して、長い目でみて「賢い選択」をしていきましょう!

女性が仕事を辞めるベストタイミングで退職しよう

転職するタイミングを逃さない為にも、女性が仕事を辞めるベストなタイミングについてご紹介します。退職を考えていたり、転職を考えられたりしている方は、ぜひ選考にして前述のような女性にとって働きやすい会社への就職を考えてみてください!

勤続年数が3年を以上

転職に最適な年数は勤続年数が3年以上です。3年間働けば、スキルもキャリアも十分なので同業種に転職しやすく、また新業種でも3年間きっちり働いてきた実績が認められやすいため会社に受かりやすい時期です。

よって、3年を超えた段階で現在の会社に不満や仕事を辞めたい理由、事情がある場合は、転職することも一つの選択肢として考えていきましょう。

近年は、数年前と比べても有効求人倍率が高水準で推移しているため転職・再就職に最適な時期だといえます。世の中の景気変動を上手く見極めることにより、女性にとって働きやすい会社へ転職することも十分可能ですので、この機会を見逃さないようにしていきましょう!

体を壊してしまい精神的に追い詰められた時

会社の上司や先輩のパワハラやセクハラで肉体的だけでなく、精神的にも追い詰められるケースもあります。また、ブラック企業で勤めてしまい、毎日のサービス残業や休日出勤などで追い詰められる場合もあります。そのような時は体や精神を壊してまで働く必要は全くありません。

もし体を壊して通院や入院をする場合は、新しい会社に入るときに過酷な状況をアピールしたとしてもあまり良い印象を与えることができません。何より体を壊してうつ病になってしまうとその後の人生すら台無しになる可能性すらあります。

よって、極力うつ病になる前に何らかの行動を起こすようにしていきましょう。万が一、うつ病になってしまった場合は、うつ病で通院するタイミングで退職するのも有効な手段です。

弁護士に依頼することで法的に処置してくれるケースもあるので、過酷な労働環境で長く働いている方は気を付けてください。

最悪、体に悪影響を与えてしまい、妊娠や育児にも影響を与えてしまう恐れがあります。

生きるためには働くことも必要ではありますが、体も大事にすることを決して忘れないでください!

新卒や第二新卒として入社後、半年から数年以内

日本の女性は、結婚や出産を機会に一度退職される方が7割以上にものぼります。一度、正社員の職を退職して育児などで数年間経過してしまうと、正社員として復職するのが厳しくなってしまいます。そのため結婚や出産をする前に、前述で説明させていただいたような女性にとって働きやすい正社員の職場に転職することをおすすめします。

そのような仕事へ転職することができれば、年功賃金性を採っている会社が多いため、育児休暇や産休をとりながらでも、正社員で続けている限り、給料も上がっていきますし、年に2回のボーナスをもらい続けることができます。

中途半端なタイミングで正社員の職をやめてしまうと、出産や育児の際も休むことができず、またパートタイマーなどで働かざるを得なくなってしまうため、柔軟に転職できる時期に転職を考えていくということも選択肢のひとつとして考えてみてはいかがでしょう。